その他

付与スキル

投稿日:2021年4月18日 / 更新日:

タイトル下画像

当記事では、強力なバフスキルである付与スキルをご紹介します。

今後も増えていくことが予想されますので、最新版に随時更新していく予定です!

付与スキルとは

付与スキルとは、自身(付与する側)のステータスを減らして譲渡することで、味方(付与される側)のステータスをUPするバフです。

このバフを使用することで付与された味方のステータスが大幅に増加し、より大きなダメージを与えることができます。

『付与』という文言は、スキル説明文由来でユーザーの呼称として一般化されたものですが、ここでご紹介する付与スキルは、付術などの味方へ『付与』するバフとは異なり、自身のステータスを減らして味方へ渡す『譲渡』という文言が意味合い的には正しいイメージです。

尚、当記事ではユニット画面の攻撃力に影響を与える基礎ステータス(物攻、魔攻、器用さ、物防、魔防、素早さ、運)に限定してご紹介していきます。

付与スキルの特長ついて

付与スキルの特長として非常に強力なバフ効果が挙げられます。

その強力な理由は、ステータス(物攻や魔攻など)をUPする通常のバフとは別枠として計算されるためです。

通常のステータスバフであれば、複数のバフをかけてもいずれかのスキルの最大効果値を上回ることはありません。

例)レティシアのスキル「銀彩ルサールカ」の魔攻120%UPバフ後、パメラの「天紅彩ハルピュイア」の魔攻100%UPバフをしても220%にはならず、120%のまま。

一方、付与スキルは「加算バフ」とも称されるように、バフ後でも更にステータスをUPすることができます。

ですが、そのまま加算されるわけではなく、ユニット画面で表示されている最も大元の「基礎ステータス」に加算されます。

戦闘画面に表示されるステータス計算式は下記になりますが、付与スキルは③で加算され、「練気功」などの通常ステータスバフは⑥で最大バフ値のみ加算されます。

戦闘画面のステータス計算式

( ①基礎ステータス + ②念装GS + ③基礎ステータス化バフ) × (1 + ④LS + ⑤割合ステータス化バフ + ⑥割合バフ)

この「戦闘画面のステータス」に対して「参照値」や「スキル倍率」、「補正・耐性」などが乗算されダメージが計算されるので、付与ステータス値が何倍にも膨れ上がるのは容易に想像できると思います。

戦闘画面ステータス

また、付与スキルは、通常ステータスバフとは異なり、別スキルであれば重複加算されるという特長があります。

ですので、ボス戦などでアタッカー1人にバフを集中したい場面などでも有用です。

尚、付与する側のユニットがあらかじめバフ(付与バフや割合バフ)を受けていても、譲渡できる付与ステータス量は変わりません。

【補足】

※付与ステータス量は、『①基礎ステータス × (1 + ④LS)』の値に比例します。(②、③、⑤、⑥が含まれないことに注意)


※厳密には、上記に⑤が含まれるかどうかに関して、付与スキル所持ユニットに⑤のバフができるWAやサポアビが見当たらないため未検証。(情報求む)


※ハンジ⇒エンメルに付与の場合のみLSが含まれない現象も合わせて調査中。(バグ?)

付与スキル例

【例】ラムの風使いの鬼スキル:憩いのお茶会

付与スキル例

スキル「憩いのお茶会」では物攻と器用さの80%のステータスを味方に付与することができます。

付与スキル一覧表

表の閲覧について

スマホ・タブレットで閲覧する場合は、画面を横向きにすると見やすくなると思います。

表のヘッダー操作について

表のヘッダーを押下すると、その列を基準にしてソートされ、押下するたびに昇順と降順で入れ替わります。

また、PCで閲覧する場合はALTキーを押しながらヘッダーを押下していくと、第2、第3キーとしてソートされます。

絞り込み条件

【区分】
【属性】
【種別】 【対象】
ジョブ名 /☆武具名 /★念装名ECスキル名種別対象物攻魔攻器用T数特定ユニットコラボ備考
機甲練師サイファーフェイズ単体 70 704SユーディットサポアビでT数+1。
専用念装限界到達でT数+1
魔導機技師還導フェイズ単体 70 704Sイコーナイコーナ念装武具でT数+1
姫巫女霊力継承単体 60 603SマシュリサポアビでT数+1。
専用念装限界到達でT数+1。
対象にCT30%UPもあり
浄化の錬金術師「浄界」レグルス単体 80 804Sエンメル
調査兵団員戦術眼単体 50 50 504Sハンジ進撃
風使いの鬼憩いのお茶会単体 80 804SラムRe:ゼロサポアビ&怠惰開眼でT数+2

【種別】WA:ウェポンアビリティ/VA:ビジョンアビリティ/R:リアクションアビリティ/戦技:戦技体得アビリティ/憤怒:憤怒開眼スキル

【補足】

◆行背景色:コラボユニット背景色 コラボユニット ウェポンアビリティ背景色 ウェポンアビリティ ビジョンアビリティ背景色 ビジョンアビリティ リアクションアビリティ背景色 リアクションアビリティ サポートアビリティ背景色 サポートアビリティ 武具開眼アビリティ背景色 武具開眼アビリティ

◆ジョブ名列:EC は、基本的にはEC後も引き継いでいるスキル (但し、EC後に引き継がずスキルが変化している場合は別行に記載)。EC 押下でECジョブ情報を参照可能。

◆物攻・魔攻・器用列:付与する側のユニットの基礎ステータスの割合(単位:%)

◆T数列:効果ターン数を記載(【S】行動開始直前まで / 【E】行動終了まで )

◆特定ユニット列:該当ジョブを持つ特定可能ユニットを記載。 押下でECユニット参照可能。

攻略分析・感想

現状、レイドでのバフに関しては、ユーディットやハンジなど当記事でご紹介した付与スキルと巨体特効などをガンガン盛ってダメージを出すのがメジャーとなっています。

器用さも付与することができる「ハンジ」や「ラム」は、器用さ参照率の高い射撃ユニットなどに付与するのも最適だと思います。

また、付与スキル所持ユニットはサポート的な役割が多いので、刻印を「命脈」で装備しがちですが、付与する側のステータスに依存するので「強攻」や「魔道」で盛っておくことで付与量がUPするのでオススメです。

そんな付与スキルを利用できるユニットはかなり希少なので、対ボス戦などのために率先して育てたいところですね。

-その他

Copyright© タガタメ攻略LABO , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.