バフ・デバフ

バフ・デバフ解除スキル

投稿日:2018年8月22日 / 更新日:

タイトル下画像

このページでは、バフ解除やデバフ解除のスキルをご紹介します。

今後も増えていくことが予想されますので、最新版に随時更新していく予定です!

そもそもバフやデバフって何なの?

バフは『有利に働く効果』、デバフは『不利に働く効果』。

なんとなくこんな感じだけでイメージしている方もいると思います。

しかし、タガタメではもう少し深堀りして覚えておく必要があります。

タガタメでのバフ・デバフの定義を結論から言えば、『状態異常』による効果を除いたステータスを増減する効果という表現がほぼ正しいかと思います。

ですので、バフ・デバフを認識するために状態異常も併せて覚えておきたいところです。

バフ・デバフ状態異常
HP上限
物攻麻痺
物防スタン
魔攻睡眠
魔防魅了
器用さ石化
素早さ暗闇
クリティカル(会心)沈黙
移動禁止(ドンムブ)
連携攻撃禁止(ドンアク)
Move死の宣告
Jump狂化
命中率ストップ
回避率クロックダウン
ジュエル獲得量鈍足
治癒力憤怒
ガッツ(生き残る可能性)回復無効
単体攻撃属性
単体攻撃耐性クロックアップ
範囲攻撃属性自動回復
範囲攻撃耐性
反撃攻撃補正
反撃攻撃耐性
各スキル区分の攻撃補正
各スキル区分の耐性
各属性の特効補正
各属性の耐性

黄色背景色は、ユニット画面で確認できるステータス項目です。

上の表は、状態異常とバフ・デバフにはどういったものがあるか項目をリスト化したものです。

バフ・デバフに関しては、上表の各項目のステータスUPがバフ、ステータスDOWNがデバフと考えてください。

状態異常の項目は確定していますが、バフ・デバフの項目は、隠しステータスがあったり、敵の特殊スキルなどもあり開発者にしか分からないレベルで全て洗い出すのは困難ですので、ざっとこれぐらいあると覚えておくと良いかと思います。

また、状態異常にクロックアップや自動回復があるのはなぜ?と気づいた方もいるかもしれません。

状態異常の戦闘画面表示

上の画像を見ての通り、タガタメでの分類ではクロックアップも自動回復もバフではなく状態異常です。

ですので、クロックアップ状態である敵にバフ解除スキルを使っても解除されません。

このように、戦闘画面表記上での状態異常は『不利な状態』とは限らないと言えます。

しかし、当たり前なのですが、予防などの状態異常解除スキルではクロックアップは解除されず、クロックダウンは解除されるという『不利な状態異常のみを解除』するスキルという意図でスキル内容が説明されています。

『状態異常』に少し話が逸れてしまいましたが、状態異常に何の項目があるかを覚えれば、それ以外はバフ・デバフであると判断できると思います。

【注】CTアップとCTダウンは、状態異常でもなくバフ・デバフでもありません。

バフ・デバフ解除とは

バフ・デバフ解除とは、バフ・デバフによってUP/DOWNしたステータスの状態を元に戻すことです。

ステータスがUPした敵の状態を『バフ解除』したり、逆にステータスがDOWNされてしまった自身や味方の状態を『デバフ解除』して戦いを有利に進めることができます。

例えば、水晶に心撃たれての高難度EXでは、中央奥に位置取る敵のカイザーが徐々に宮廷魔導士からバフを受けて何倍にも強くなります。

このような敵はバフ解除をするだけで一気に弱くなり、バフを使っていた敵の行動も無意味になるので一石二鳥です。

対戦で敵がバフ(物攻UPや回避UPなど)を使った直後に解除したりするのも有効な手段ですね。

また、クエストやヴェーダでよく見かけるマンドラゴラ(〇〇バナ)が、初手にデバフ(物攻DOWNなど)をしてきたりしますが、これも自身や味方にデバフ解除をしてあげることで戦いやすくなったりします。

バフ・デバフ解除スキルはちょっとややこしい!?

バフ・デバフ解除スキルは少しややこしいスキルでもあります。

そこで突然ですが、ここで質問です。

敵・味方・自身すべてにヒットする位置でバフ・デバフを両方解除するスキルを使用すると、一体どうなるでしょうか?

何も見ずに、この問いに即答できる方は少ないかもしれません。

それは、各スキルによって効果の対象などが明確ではないからです。

下記2つのスキルの例を見てみましょう。

【例1】エンハンサーのスキル『零の波動』の場合 敵・味方・自身すべてのバフとデバフが解除されます。

【例2】ヴァルキリー(聖縛)のスキル『破軍・アルヴィト』の場合 自身のデバフのみを解除し、敵のバフのみを解除し、味方には何も起こりません。

これらの煩雑さは本来の目的とは裏腹に、敵に不利なはずのデバフを解除したり、味方や自身に有利なバフを解除してしまったりすることに加え、自身・味方・敵には当たるかどうかなど・・・スキル内容だけでは省略されすぎていて不明瞭であるのが原因と考えられます。

こうしたことからバフ・デバフ解除スキルは、初心者の方を中心にあまり使用されていない状況へ繋がっている気がしてなりませんが、ヴェーダやマルチでも相当強力なスキルですのでどんどん使っていきましょう!

いずれにしても、バフ・デバフ解除スキルの内容はよく確認しながら覚えていけば問題ありません。

当ページでは、下記3種に分類してスキルを掲載していますので、ぜひご活用ください。

【バフ・デバフ解除スキル】

バフ解除とデバフ解除(両方解除)

バフ解除のみ

デバフ解除のみ

バフ・デバフ解除スキル例

【例】アハトの専用武具アビリティ:義眼・零視

バフ・デバフ解除スキル例

このスキルは、自身を除く味方や敵のバフとデバフを解除することができます。

バフ・デバフ解除スキル一覧表

表の閲覧について

スマホ・タブレットで閲覧する場合は、画面を横向きにすると見やすくなると思います。

表のヘッダー操作について

表のヘッダーを押下すると、その列を基準にしてソートされ、押下するたびに昇順と降順で入れ替わります。

また、PCで閲覧する場合はALTキーを押しながらヘッダーを押下していくと、第2、第3キーとしてソートされます。

絞り込み条件

【区分】
【属性】
【種別】 【対象】
ジョブ名 /☆武具名 /★念装名ECスキル名種別対象特定ユニットコラボ備考
ブレイドストライカー連携単体ロギ、エドガー敵ユニット対象
エンハンサー零の波動範囲全ユニット対象(自身含む)
エンハンサー(零)零の覇動憤怒範囲全ユニット対象(自身含む)
鍛冶師影打ち範囲全ユニット対象(自身含む)
お嬢様エルレスター家の秘薬単体フィオナ全ユニット対象(自身選択可)
ヴァルキリー(聖縛)破軍・アルヴィト範囲デバフ解除→自身/バフ解除→敵対象
シャーマン天恵単体シャーマン世界樹全ユニット対象(自身選択不可)
☆不抑の眼帯義眼・零視WA範囲アハト全ユニット対象(自身以外)
☆ムスペル無明神水WA単体キリアディスガイア敵ユニット対象
有刻の錬金術師「逆行」サイクルR単体ニクスデバフ解除→自身/バフ解除→敵対象

【種別】WA:ウェポンアビリティ/VA:ビジョンアビリティ/R:リアクションアビリティ/戦技:戦技体得アビリティ/連携:連携マスターアビリティ

【補足】

◆行背景色:コラボユニット背景色 コラボユニット ウェポンアビリティ背景色 ウェポンアビリティ ビジョンアビリティ背景色 ビジョンアビリティ リアクションアビリティ背景色 リアクションアビリティ サポートアビリティ背景色 サポートアビリティ

◆EC列:印は、基本的にはEC後も引き継いでいるスキル (但し、EC後に引き継がずスキルが変化している場合は別行に記載)

◆特定ユニット列:該当ジョブを持つ特定可能ユニットを記載 (ECジョブ持ちはどんどん増えるので無記載)

バフ解除スキル例

【例】ツァンレイの零のエンハンサースキル:カウンターディスペル

バフ解除スキル例

このスキルは、リアクションアビリティによって敵のバフ効果を解除することができます。

バフ解除スキル一覧表

表の閲覧について

スマホ・タブレットで閲覧する場合は、画面を横向きにすると見やすくなると思います。

表のヘッダー操作について

表のヘッダーを押下すると、その列を基準にしてソートされ、押下するたびに昇順と降順で入れ替わります。

また、PCで閲覧する場合はALTキーを押しながらヘッダーを押下していくと、第2、第3キーとしてソートされます。

絞り込み条件

【区分】
【属性】
【種別】 【対象】
ジョブ名 /☆武具名 /★念装名ECスキル名種別対象特定ユニットコラボ備考
獣影術師(獣化)『六暴』クーガー単体ツヴァイ敵ユニット対象
武闘魔女情報屋の口車単体アルマ敵ユニット対象(+3ターンバフ無効)
暗殺者(闇)暗殺刃・零単体全ユニット対象(自身以外)
暗殺者(闇)暗殺刃・零環憤怒単体全ユニット対象(自身以外)
嫉妬の剣豪虚刃・斬釘截鉄範囲闇セツナ全ユニット対象(自身以外)
エンハンサー(零)零の衝撃範囲全ユニット対象(自身以外)
魔弾操師(セレナーデ)アペリエンス範囲敵ユニット対象
魔弾操師(セレナーデ)レクルーダンス憤怒範囲敵ユニット対象(+3ターンバフ無効)
ホーリーセイジ光夢彩「ラクリマ」範囲シェリル全ユニット対象(自身以外)
プリンセスリセットウェポン単体プリンセス世界樹敵ユニット対象
王子の護衛ファストブレイク単体グラディオラスFF敵ユニット対象
黒斧姫黒式・舞裂断単体黒パラシュファンキル敵ユニット対象(+1ターンバフ無効)
アメストリス軍中尉水平薙ぎ撃ち範囲リザ・ホークアイ全ユニット対象(自身以外)
☆王国騎士団の飛剣破魔の雷刃WA単体実質シャロン敵ユニット対象
☆不憎の占杖『呪香』フューゼレイドIS範囲フューリー、フィーア敵ユニット対象。武具開眼【杖】
☆不騙の魔杖『呪香』フューゼレイドIS範囲フューリー、フィーア敵ユニット対象。武具開眼【杖】
エンハンサーマジックキャンセルR単体敵ユニット対象
エンハンサー(零)カウンターディスペルR単体敵ユニット対象
シャーマン祈祷:修祓R単体シャーマン世界樹敵ユニット対象
破壊の復讐鬼先手必勝R単体スカー敵ユニット対象

【種別】WA:ウェポンアビリティ/VA:ビジョンアビリティ/R:リアクションアビリティ/IS:武具開眼スキル

【補足】

◆行背景色:コラボユニット背景色 コラボユニット ウェポンアビリティ背景色 ウェポンアビリティ ビジョンアビリティ背景色 ビジョンアビリティ リアクションアビリティ背景色 リアクションアビリティ サポートアビリティ背景色 サポートアビリティ 武具開眼アビリティ背景色 武具開眼アビリティ

◆EC列:印は、基本的にはEC後も引き継いでいるスキル (但し、EC後に引き継がずスキルが変化している場合は別行に記載)

◆特定ユニット列:該当ジョブを持つ特定可能ユニットを記載 (ECジョブ持ちはどんどん増えるので無記載)

デバフ解除スキル例

【例】ウズマ念装武具のアビリティスキル:幸せのおすそ分け

デバフ解除スキル例

このスキルは、自身を含む味方のデバフ効果を解除することができます。

デバフ解除スキル一覧表

表の閲覧について

スマホ・タブレットで閲覧する場合は、画面を横向きにすると見やすくなると思います。

表のヘッダー操作について

表のヘッダーを押下すると、その列を基準にしてソートされ、押下するたびに昇順と降順で入れ替わります。

また、PCで閲覧する場合はALTキーを押しながらヘッダーを押下していくと、第2、第3キーとしてソートされます。

絞り込み条件

【区分】
【属性】
【種別】 【対象】
ジョブ名 /☆武具名 /★念装名ECスキル名種別対象特定ユニットコラボ備考
匠の錬金術師「鉄環」魂ノ火花範囲ク・イエナ味方ユニット対象(自身含む)
風法力方術師かごめかごめ範囲ティナ味方ユニット対象(自身含む)
ネクロマンサー(嵐葬)鳴射降霊単体自身のみ対象
ネクロマンサー(落霹)鳴刃降霊単体自身のみ対象
共鳴のアルケミスト友への想い範囲カスミ味方ユニット対象(自身含む)
魔姫神シャドウフォース単体ルナリスブレフロ自身のみ対象
焔の錬金術師ラブコール範囲ロイ・マスタング味方ユニット対象(女性のみ)
調査兵団員立体機動範囲ハンジ進撃味方ユニット対象(自身含む)
☆雪華柊刀天女の浄化WA範囲ヒイラギシノビナ味方ユニット対象(自身含む)
☆微笑の姿絵幸せのおすそ分けWA範囲ウズマ、イヴ、フレイズ、シェヘラザーデウズマ念装武具。味方ユニット対象(自身含む)
☆奉迎の花冠鳳蝶の救済WA単体カグラ念装武具。全ユニット対象(自身含む)

【種別】WA:ウェポンアビリティ/VA:ビジョンアビリティ/戦技:戦技体得アビリティ

【補足】

◆行背景色:コラボユニット背景色 コラボユニット ウェポンアビリティ背景色 ウェポンアビリティ ビジョンアビリティ背景色 ビジョンアビリティ リアクションアビリティ背景色 リアクションアビリティ サポートアビリティ背景色 サポートアビリティ

◆EC列:印は、基本的にはEC後も引き継いでいるスキル (但し、EC後に引き継がずスキルが変化している場合は別行に記載)

◆特定ユニット列:該当ジョブを持つ特定可能ユニットを記載 (ECジョブ持ちはどんどん増えるので無記載)

攻略分析・感想

時折(というか最近ではかなり)、バフ解除やデバフ解除が効かないステージもあるので、お試しで一度確認してからクエストは攻略すると良いと思います。

バフ解除スキルにはダメージも与えられる『破軍・アルヴィト』、『義眼・零視』、『無明神水』、『暗殺刃・零』、『リセットウェポン』、『ファストブレイク』、『水平薙ぎ撃ち』などもあるので有効利用したいところです。

また、「バフ効果を無効化」と説明されているアルマのスキルは、バフ解除ができる上にバフ前・バフ中に関わらず、3ターンの間バフを無効化できるバフ解除進化系的な強力なスキルだと思います。

尚、タガタメ運営では「バフ・デバフ効果をすべて打ち消す」というような文言を「バフ効果・デバフ効果を解除」という表記に統一しました。

-バフ・デバフ

Copyright© タガタメ攻略LABO , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.