状態異常

スタンスキル

投稿日:2018年9月14日 / 更新日:

タイトル下画像

このページでは、スタン効果の状態異常がついたスキルをご紹介します。

今後も増えていくことが予想されますので、最新版に随時更新していく予定です!

【2020年2月19日】一覧表のT数列を追加

スタンとは

スタンとは、敵に対して『スタン』の状態異常を与える効果のことです。

スタン効果によって、基本、次のターン開始直前まで完全に行動不能となり、リアクションアビリティが未発動、詠唱中スキルは強制中断され、回避も不可能となります。

(『麻痺スキル』の状態異常では、確率で行動不能となり、詠唱中スキルは中断されず、回避も可能)

この効果の付いたスキルを使用することで、上記のような複合的な影響を敵に与えて戦いを有利に進めることができます。

スタンにかかりやすい種族には、リザードマン、バタリオン(リザードマン型)などがいます。

尚、スタンにかかった場合は、状態異常回復スキルや万能薬などのアイテムで解除することができます。

1ターン行動不能にしてもメリットがないのでは?

スタンスキルによる持続効果は、1ターンである事が多いため、行動不能にしてもその点だけ見れば確かにあまり意味がありません。

しかし、前述のとおり、行動不能以外にもスタン効果による重要なメリットがあります。

スタンの効果によるメリット

リアクションアビリティ未発動 反撃を受けない

詠唱を強制中断 詠唱中だったスキルの攻撃を受けない

※スタン効果によるものではなく、詠唱を強制中断できるスキルも存在します。

回避率がゼロになる 回避率の高い敵に攻撃できる

行動不能目的というよりも、上記のような狙いを持ってスタンスキルを使うと戦略の幅が広がるかもしれません。

例えば、ファンキルコラボの高難度EX「黒奏剣『骸斬』」では、ボス的存在として黒ティルフィングが登場します。

この黒ティルは、スキルにも反応するリアクションアビリティによって与えたダメージの半分近いダメージで反撃してきます。

このような厄介な敵にはスタンスキルでダメージを与え、その効果によりリアクションを発動させないといった使い方が非常に有効です。

また、最近では数ターン持続でスタンにする強力なスキルも登場してきているので、スタンと他の攻撃を織り交ぜながらうまく利用したいですね。

スタンスキル例

【例】ユウナギのウォーリア(ティターン)スキル:デルタコキュートス

スタンスキル例

このように敵にスタン効果の状態異常を与えることで威力を発揮します。

スタンスキル一覧表

表の閲覧について

スマホ・タブレットで閲覧する場合は、画面を横向きにすると見やすくなると思います。

表のヘッダー操作について

表のヘッダーを押下すると、その列を基準にしてソートされ、押下するたびに昇順と降順で入れ替わります。

また、PCで閲覧する場合はALTキーを押しながらヘッダーを押下していくと、第2、第3キーとしてソートされます。

絞り込み条件

【区分】
【属性】
【種別】 【対象】
ジョブ名 /☆武具名 /★念装名ECスキル名種別対象確率T数特定ユニットコラボ備考
獣使いキャットパンチ単体1001S
獣使いボアタックル単体1001S
スピリットテイマーボアタックル単体1001Sフラメル
スピリットテイマーアナコンダタックル憤怒単体1004Sフラメル
スピリットテイマーノイジーブレイク範囲1001Sフラメル
猛獣使い餓狼単体1001S
猛獣使い(剣歯虎)狂狼単体1001S
雷獣テイマー狂狼単体1001Sローティア
女帝猛獣使い虎狼単体1002Sメルダ
武闘家正拳突き単体251S
拳聖鉄拳突き単体251S
砂塵の拳聖鉄拳突き単体251Sルシア
リトルヘブンのドン鋼鉄のブーストパンチ単体1001Sドン・タラス
火大精紅紫三衝範囲1004Sフゥ
爆鬼戒師『衝撃』スタナー範囲1003Sノイン
機動騎士四面気絶刃単体1004Sバシーニ
聖騎士盾攻撃範囲1001S
ホーリーナイトシールドバッシュ範囲1001S
ホーリーナイト+シールドバッシュ範囲1001Sロギ
ホーリーナイト(カエルム)シールドスパイク範囲1003S
緋炎の戦姫シールドショック単体1003Sクロエ
憤怒の緋炎戦姫カラミティインパクト範囲1004S闇クロエ
蒼義剣士シールドストライク範囲1003Sロギ
ロードマスター聖閃の審判単体1002Sカノン
ウォーリア(アルゴス)デルタエアレイドC範囲1003S
ウォーリア(アルゴス)デルタヘルダイブ憤怒範囲1003S
ウォーリア(ティターン)デルタコキュートスC範囲1003S
ベルセルクラーヴァナの咆哮範囲1004S
クラフターストロボグレネード範囲1001S※暗闇もあり
鉄肢の砲撃手フレイムバスターボム単体1003Sヘイゼル
鉄肢の砲撃手フレイムグレネード憤怒単体1003Sヘイゼル
シーバスター断砲スクイッド単体1003Sスーイー
真理戒師(騎乗)『普遍』ヘリオスフィア範囲1003Sソル
女優奇劇・恐怖の訪問者全体203Sレナ
氷剣士氷刃強襲範囲1001Sセレナブレフロ
氷輝女神水麗衝牢破範囲1001Sセレナブレフロ
ダンサー霞の舞範囲1002Sシェンメイ(世界樹)世界樹
宝石魔術師足払い範囲501S遠坂凛Fate
王子の護衛サイクロン単体1001SグラディオラスFF
王子の親友バレットファン範囲1001SプロンプトFF
調査兵団員音響弾範囲1003Sリヴァイ進撃
調査兵団員【巨人技】岩石投げ範囲1004Sエレン進撃
調査兵団員【鎧の巨人技】地割れ範囲1004Sライナー進撃
〈ドラゴン・シン〉怒涛の猛撃単体1003Sメリオダス七つの大罪
〈ゴート・シン〉ジャック範囲1002Sゴウセル七つの大罪
〈ライオン・シン〉豪腕の猛撃単体1004Sエスカノール七つの大罪
〈ボア・シン〉ハザードインパクト単体1003Sマーリン七つの大罪
スカル4肘打撃単体1004S早乙女アルトマクロスF
破壊の暴君シャインストライク範囲1004Sミリム・ナーヴァ転スラ
☆ベルタの迫撃砲痺れ罠カゴWA範囲1003Sベルタ、フライクーゲル※パネル設置
☆ハードブレイカーライジングパルスWA範囲1001SグラディオラスFF
☆レオファルシオンレオイクシードIS単体1004Sオライオン武具開眼【大剣】
海賊皇(アルビダ)三角逆波R単体1001S

【種別】WA:ウェポンアビリティ/VA:ビジョンアビリティ/戦技:戦技体得アビリティ/IS:武具開眼スキル/開S:開眼サポートアビリティ/憤怒:憤怒開眼スキル

【補足】

◆行背景色:コラボユニット背景色 コラボユニット ウェポンアビリティ背景色 ウェポンアビリティ ビジョンアビリティ背景色 ビジョンアビリティ リアクションアビリティ背景色 リアクションアビリティ サポートアビリティ背景色 サポートアビリティ 武具開眼アビリティ背景色 武具開眼アビリティ

◆EC列:印は、基本的にはEC後も引き継いでいるスキル (但し、EC後に引き継がずスキルが変化している場合は別行に記載)

◆確率列:スタンの状態異常付与確率(単位:%)

◆T数列:効果ターン数を記載(【S】行動開始直前まで / 【E】行動終了まで )

◆特定ユニット列:該当ジョブを持つ特定可能ユニットを記載 (ECジョブ持ちはどんどん増えるので無記載)

スタン対策特化スキル一覧表

表の閲覧について

スマホ・タブレットで閲覧する場合は、画面を横向きにすると見やすくなると思います。

表のヘッダー操作について

表のヘッダーを押下すると、その列を基準にしてソートされ、押下するたびに昇順と降順で入れ替わります。

また、PCで閲覧する場合はALTキーを押しながらヘッダーを押下していくと、第2、第3キーとしてソートされます。

絞り込み条件

【区分】
【属性】
【種別】 【対象】
ジョブ名 /☆武具名 /★念装名ECスキル名種別対象耐性T数特定ユニットコラボ備考
☆罪環・零大罪・破刻の印WA単体1005S闇ザイン出現時、自身対象

【種別】WA:ウェポンアビリティ/VA:ビジョンアビリティ/戦技:戦技体得アビリティ/IS:武具開眼スキル/開S:開眼サポートアビリティ/憤怒:憤怒開眼スキル

【補足】

◆行背景色:コラボユニット背景色 コラボユニット ウェポンアビリティ背景色 ウェポンアビリティ ビジョンアビリティ背景色 ビジョンアビリティ リアクションアビリティ背景色 リアクションアビリティ サポートアビリティ背景色 サポートアビリティ 武具開眼アビリティ背景色 武具開眼アビリティ

◆EC列:印は、基本的にはEC後も引き継いでいるスキル (但し、EC後に引き継がずスキルが変化している場合は別行に記載)

◆耐性列:スタンの状態異常に対する耐性(単位:%)

◆T数列:効果ターン数を記載(【S】行動開始直前まで / 【E】行動終了まで )

◆特定ユニット列:該当ジョブを持つ特定可能ユニットを記載 (ECジョブ持ちはどんどん増えるので無記載)

攻略分析・感想

範囲攻撃である上に2~3ターン持続可能なスタンスキルがそこそこ登場してきたことにより、麻痺スキルの完全上位互換という面も出てきました。

ランクマッチやドラフト戦では、魅了、石化などと同等のレベルで絶対に受けたくない状態異常スキルだと言えますね。

殴って気絶させるイメージのせいか、打撃区分や無区分のスキルが多めです。

尚、スタン対策特化スキルは現在のところ存在しません。

-状態異常

Copyright© タガタメ攻略LABO , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.